バイオビズについて  製品一覧  使い方  TIPS

TIPS

Biobizzでの栽培を向上させるために役立つヒントと秘訣。


・Biobizz製品の保管条件、使用期間
湿度の低い乾燥した暗所に保管してください。温度は摂氏5~40度に保つのが最善です。
未開封で正しく保管されている場合Biobizz製品の期限は12-24ヶ月です。開封後はすばやく使い切ってください。
・製品と水を混合したものは早めに使用しましょう
頑丈な有機化合物、天然成分、微生物を最大限に活用するため、2~3日以内に準備した溶液を使用することをお勧めします。
・Biobizzの培地・肥料はpH / ECのバランスを整えます
Biobizzの培地を使用する場合ECとpHの値を測定する必要はありません。
Biobizz製品は天然の有機元素のみを含んでおり電気伝導度(EC)値が非常に低くなっています。
有機成分は自己調整システムを持っており、pH値を正しいレベルに維持するのを助けます。
・カルシウムやマグネシウムを追加する必要がありますか?
あなたの使用する水源が200ppm未満の溶解ミネラル含量である場合は、カルシウムおよびマグネシウムを追加する必要があります。
・移植後の開始時期
あなたが培地にライトミックス(肥料成分を含まない培養土)を使用している場合は、移植後すぐに肥料/活力剤を与えることができます。
オールミックスなどの肥料成分を含む培養土を使用している場合は1週間ほど待ってから与え始めてください。
・葉面散布でも使用できます
アルガミック、アクティベラ、フィッシュミックスは葉面散布として素晴らしく機能します。
スプレーする場合は水1リットルあたり1-2mlの割合で混合し、直射日光やライト点灯時を避けスプレーします。1週間に3回程度を目安に使用してください。
・オールミックスに含まれるパーライトの作用
オールミックスに含まれるパーライトは土壌が呼吸するのを助け、根のより良い生育条件を提供しています。
また土壌に水分や栄養素を長期間保持する役目も果たします。
・オールミックスとココミックスを組み合わせる
オールミックスにココミックスを加えると、土壌に空気を流入させると同時に栄養素がより効率的に吸収されるようになります。
・海藻の使用について知っておくべき重要な5つのポイント
ルートジュースとアルガミックには海藻が含まれており、植物に対して以下のプラス効果があります。
1.免疫系
環境によるストレスおよび有害な昆虫に抵抗するのを助けます。
2.クロロフィル(葉緑素)
植物がクロロフィルをより良く管理し、健康的で美しい緑色の葉を維持します。
3.微生物
海藻は陽性および良性の土壌細菌の栄養素であり、土壌中の微生物の量を増加させます。
4.線虫
線虫が根に入り込んだり、卵のふ化を防ぎます
5.温度変化
冷たい環境へ順化し、冷害への抵抗力がつきます。
・バイオヘブンの効果 - 植物における酵素活性の促進
酵素は植物が健康で力強く成長するためには非常に重要です。
しかし酵素はカリウムイオン、マグネシウムイオン、鉄イオンなどの金属イオン(微量元素とも呼ばれます)などの因子がなければ機能しません。
バイオヘブンはこれらのイオンを培養土に加えることができ、酵素は迅速かつ効果的に働くことができるようになります。
・リーフコート - 環境にやさしい植物保護
リーフコートは既に植物についた虫を駆除する殺虫剤ではありません。
害虫が植物に付く事を防ぎ、植物や環境に対して安全に効果を発揮します。
収穫の3-4日前まで植物に直接スプレーすることができ、果実や花を損なうことはありません。
・Biobizzの栄養素は無農薬環境にもお勧めです
Biobizzは植物を育成するための手段として、土壌の健康を築くことに重点を置いています。
自然の環境を壊すことなく繰り返し使用できる理想的な液体栄養素です。