よくある質問

- マンモスPに有効期限はありますか?
未開封のマンモスPは製造日から2年間有効です。開封後は、最も高い効果を得るために12ヶ月以内に使用することをお勧めします。ボトル裏面のラベル下部に番号が記載されており、左から順にボトルが製造された日、月、年、ボトルのロット番号となります。
動画をチェック: https://www.youtube.com/watch?v=f-uvuEJl5Uw
- マンモスPの色が暗くなるのはなぜですか?
マンモスPは時間経過により暗く変化するため、商品ごとに色が異なることは完全に正常です。これはアルファルファ抽出物によって起こる自然なレドックス反応(酸化還元反応)であり、またレドックス反応はすべての生体物質において自然発生するものです。一般的に、レドックス反応は酸素が配合物に混入すると起こり、これにより色が濃くなります。私たちはマンモスPの色の違いによって効果に差が生じるか厳密にテストしましたが、色に差があっても同等の効果を得られることが判明しています。
- ボトルの内部に沈殿物や塊が浮遊しています
マンモスPのボトルに沈降物やその塊が浮遊していることは、活性微生物製品であるという証明であり完全に正常です。沈殿物は製品の効果に影響を及ぼすことはなく、またあなたの植物に対しても影響を与えることはありません。なお使用する前には、その都度ボトルをよく振ることをお勧めします。
動画をチェック: https://www.youtube.com/watch?v=VCX_EN3UOx4

製品FAQ

未開封のマンモスPは製造日から2年間有効です。開封後は、最も高い効果を得るために12ヶ月以内に使用することをお勧めします。ボトル裏面のラベル下部に番号が記載されており、左から順にボトルが製造された日、月、年、ボトルのロット番号となります。
動画をチェック: https://www.youtube.com/watch?v=f-uvuEJl5Uw

マンモスPは時間経過により暗く変化するため、商品ごとに色が異なることは完全に正常です。これはアルファルファ抽出物によって起こる自然なレドックス反応(酸化還元反応)であり、またレドックス反応はすべての生体物質において自然発生するものです。一般的に、レドックス反応は酸素が配合物に混入すると起こり、これにより色が濃くなります。私たちはマンモスPの色の違いによって効果に差が生じるか厳密にテストしましたが、色に差があっても同等の効果を得られることが判明しています。

マンモスPの細菌は非常にアクティブであり、植物の生長を促進するために高度に機能的であるため、強いにおいを有しています。

マンモスPのボトルに沈降物やその塊が浮遊していることは、活性微生物製品であるという証明であり完全に正常です。沈殿物は製品の効果に影響を及ぼすことはなく、またあなたの植物に対しても影響を与えることはありません。なお使用する前には、その都度ボトルをよく振ることをお勧めします。
動画をチェック: https://www.youtube.com/watch?v=VCX_EN3UOx4

マンモスPが凍結するような極寒環境での保管・使用は非推奨です。

マンモスPは室温で保管することをお勧めします。直射日光や高温、凍結を避けた場所に保管すると理想的です。

ボトル裏面の下部に記された数字は、そのボトルの製造日です。左から順に、製造された日、月、年、ロット番号です。この数字は製品の有効期限ではありません。

マンモスPはグロウセンティア社の機能特性選択プラットフォームを使用して特別に開発された微生物のコンソーシアムです。植物がリンおよび他の微量栄養素を摂取できるように、コロラド州立大学の科学者によって様々な培地で厳密に試験され、開花期に収穫量を16%増加させることが実証されています。

マンモスPは、植物の生長を最大限にするためにリンおよび微量栄養素の摂取を促進するよう設計された有機的な微生物資材(土壌接種剤)で、土壌、ポッティングミックス、水耕栽培システムに直接適用できる有益な細菌の液体製剤です。マンモスPの有益な細菌はマイクロバイオリアクターのように作用し、栄養素を放出する酵素を絶えず生産しています。リンのレベルを上げると節間が短くなり、果実の生産にエネルギーが集中します。マンモスPは植物の健康、花や果実の大きさ、品質、収量を増やすために、自然に植物への栄養源の供給を加速します。世界各地の多くの栽培者が実地試験を行った結果、マンモスPは植物収量を平均16%増加させることが実証されています。

マンモスPはOMRIによって有機認証され毒性成分は含まれていませんが、安全に注意して取り扱ってください。目、口、および傷ついた肌への接触を避けてください。製品を吸入しないでください。眼や皮膚の保護具を着用してください。使用後は手を洗ってください。
動画をチェック: https://www.youtube.com/watch?v=HMntjK9Jb4s

マンモスPのすべて(99%)の土壌微生物(細菌および真菌)は従属栄養細菌であり、炭水化物(単糖類すなわち炭素)を消費しますが、マンモスPと植物根圏が微生物の成長を維持するのに必要なすべての炭素を提供するため、マンモスPを使用する際に糖を加える必要はありません。マンモスPの細菌は環境の変化に非常に強く、広いpH帯および高塩濃度で持続することができます。これによりマンモスPはすべての培地と肥料スケジュールの上で非常によく働くことができます。

マンモスPの細菌は自然に酵素を生産します。それは植物と微生物が一緒に進化した理由の1つです。微生物は、微生物によって生産された酵素活性によって栄養分を循環させ、植物が土壌の栄養分を摂取する事を助けています。マンモスPの有益な細菌は、植物に栄養素を供給するために培地と根域に酵素を連続的に作る酵素工場のようなものなのです。

使い方FAQ

マンモスPを使用している多くの栽培者からは、植物が数日または数週間で反応し、より大きく健康的に生長するという非常に肯定的な結果が報告されています。

マンモスPは肥料およびその他の活力剤と併用することができます。あなたの既存の肥料スケジュールを変えることなく、添加剤としてマンモスPを使用することを推奨します。

マンモスPは植物の生育サイクル中に地上部のバイオマス生産を実質的に向上させることが示されています。 1)ミクロビオムは健康的な根圏を作り生長をサポートします。一般的に、早期からマンモスPを与えると植物のライフサイクル全体を通じて健全な生長能力を促進します。 2)微生物製剤は特にリン(P)のサイクル増加に重点を置いていますが、これらに含まれる微生物も窒素(N)を循環させる酵素を自然に産生しています(すべての微生物はある程度まで窒素の産生を行っています)。 3)マンモスPの微生物は、植物の健康と旺盛な発育をサポートするために必要な微量栄養素を可溶化します。 4)植物はすべての生長期にわたってリン(P)を必要としています。リンは2番目に重要な栄養素であり、この製剤は生長初期での根の発達および生長後期の花への移行のために、リンを効率的に利用可能にする素晴らしい仕事をします。

マンモスPは既に非常に濃縮された微生物製剤のため、コンポストティーの初期段階に添加すると必要以上に濃縮されてしまいます。コンポストティーを使用する場合は、植物に与える最終的な段階でマンモスPを添加する事をお勧めします。

マンモスPは他の肥料と混合するように設計されており、また他の微生物資材ともうまく機能します。RO水などを使用してマンモスPを適用する必要はありません。

マンモスPには水耕栽培者に提供する重要な付加価値特性があります。 前提として、大部分の微生物は高塩濃度の水性環境で生存することができません。 しかしマンモスPの微生物群は、グロウセンティア社の機能的表現型プラットフォームによって水性及び高塩濃度(イオン/栄養素)環境で、高度に機能的なまま生存・持続するものが厳選されています。 したがって、水耕栽培システムでマンモスPを使用することは、植物の根域に有機の天然微生物プロセスを取り入れる/再導入する優れた方法なのです。
また水耕システムには、栄養素が植物に利用できなくなる2つの問題があります。 第1に、水耕栽培環境の栄養溶液は、植物がバイオマスを吸収して同化することができない形態に自然に(天然の化学的衝突および結合によって微視的なレベルで)沈殿します。 第2に、あらゆる溶液中の栄養素は、すべての物理的構造(リザーバ、根のバスケット、ココなど)に容易に吸着(すなわち結合)されます。その結果栄養素は固定化され、植物の摂取には利用できなくなります。 マンモスPの微生物は、自然のマイクロイオン交換能力(すべての微生物が自然界で促進する)を利用して可溶化と脱着プロセスを促進し、植物への栄養動員と形質転換を最大化することによって、水耕環境におけるこれらの栄養不動化特性の両方に対抗することができます。

マンモスPは生長サイクルを通して健康な根の生長を促進し、根の腐敗に対抗するための優れた添加剤です。グロウセンティア社は、クローン期にマンモスPを使用した際に、より多くの発根を示すデータを収集しました。その一つであるSNSキャンペーン「Show Us Your Roots(あなたの根を見せてください)」では、マンモスPを使った農家が体験した、根の健康上の利点を具体的に知ることができます。

リザーバーを交換する必要が生じる前に、リザーバーを(マンモスPを添加して)どのくらい長く使用できるかを具体的にテストするための制御実験はまだ実施していません。基本的には、あなたの現行の方法・サイクルのままマンモスPを使用する事を推奨します。マンモスPは栄養素を非常に効果的に循環させ、栄養素の収着/沈殿反応を最小限に抑えることができます。マンモスPを使用している多くの栽培者は、定期的にタンクを交換する前に最大10日間リザーバーを使用して報告しています。

はい、製品は1/8 "までのドリップシステムで正常に動作します。

初めてマンモスPを使用する時は、他のものを変えずに添加剤として使用することをお勧めします。マンモスPを使用した経験がある人は、PKブースターの投与量を減らしてテストしてください。PKブースターを維持してマンモスPを併用した栽培者からの素晴らしい成果を見てきましたが、PKブースターレベルを下げていても、マンモスPによって優れた収穫量の増加を経験してきました。

ボトルに記載されているスケジュールに従うことをお勧めします。手短に言えば、マンモスPはすべての生長段階にわたって使用することができます。特に、開花期と肥料抜きの時期に使用すると非常に効果的です。

はい、もちろん。フラッシュサイクルを通してマンモスPの使用を強く推奨します。

マンモスPの有益な細菌は非常に頑丈であり、菌根菌およびトリコデルマの産物を補完します。多くの栽培者は、他の接種物(菌根菌およびトリコデルマ属)ならびに市販の微生物ブレンドやコンポストティーとともにマンモスPを使用して、大きな成果を得ています。

はい、マンモスPはDWCシステムで本当にうまく動作します!

マンモスPは有機および化学の栽培環境どちらでも非常によく機能します。

マンモスPには肥料(リン)は含まれていません。これは土壌や培地中でリンをより迅速に循環させるための微生物資材です。マンモスPは土壌や培地中にある栄養素の利用可能性を高めますが、直接栄養素を増やすものではありません。そのため植物の生長に合わせて徐々に肥料を増やすことが推奨されています。

最初に少数の植物に対してマンモスPを既定の半分の量を与え、肥料焼けが起こらないかテストすることをお勧めします。通常の既定量を与えるまで、少なくとも1週間または2週間は様子を見てください。