The Benefits

マンモスPのメリット

マンモスPは植物を有機的に栽培するための微生物資材(土壌接種剤)です。
植物の健康を増強して収穫量を増やすために、リンと微量栄養素の循環を促進します。

University Developed

アメリカの一流大学に所属するグロウセンティア創設者によって、次世代技術を駆使して開発されました。コロラド州の栽培者が広範にテストを行い、第三者の研究所によって生長を増加させることが証明されています。

Beneficial Bacteria

マンモスPの有益な細菌はマイクロバイオリアクターのように働き、栄養素を放出する酵素を絶えず生産するため、酵素系活力剤の必要性を低減させることができます。

More Phosphorus

リン濃度の増加は節間を短くし、果実の生産にエネルギーを集中させることができます。

Safe For All Media

土壌、ポッティングミックス、水耕栽培システムなど培地を選ばず使用可能です。

Protects Rhizosphere

潜在的に有害な病原性微生物と競合、排除することにより根圏を保護します。

Fully Compatible

既存のベース肥料と併せて使用することで効果を発揮します。

Effectiveness Data

有効性データ
16%

収穫量を増やします

6%

茎の強度を高めます

マンモスPはコロラド州立大学のグロウセンティア創設者によって、次世代技術を駆使して開発されました。コロラドの栽培者によって試験され、第三者の研究所により植物の生長を増加させることが証明されています。全ての生産はフォート・コリンズ・コロラドの施設で行われ、最高水準の品質管理を維持しています。この有益なバクテリア配合は、土壌、ポッティングミックス、水耕栽培システムなど、培地を選ばず大きく機能します。水耕システムでマンモスPを使用することは、水質を犠牲にすることなく土壌微生物栄養素の有機的利点を導入する優れた方法です。マンモスPは既存のあらゆるベース肥料を補うように設計されました。

Out-Growing the Competition

マンモスPと競合製品の大きな違い
grow bigger buds
First

マンモスPの開発プラットフォームは、土壌のリンおよび微量栄養素を結合形態から放出し、植物への栄養素の利用可能性を改善するための栄養循環プロセスに焦点を当てています。

Second

ハイスループットプラットフォームにより、水耕栽培環境でも土壌微生物の恩恵を受けることができます。これらのバクテリアは土壌、ポッティングミックス、循環型水耕システムで同等に機能します。

Third

マンモスPの指向性微生物表現型プラットフォームは、最先端のハイスループット分子技術と組み合わせて非常に効果的です。多くの競合製品は単純に微生物を混合するだけの非直接的アプローチを使用しており、その結果は不明なものです。

Enzyme Structure

酵素構造の比較

マンモスPの微生物はマイクロバイオリアクターとして機能し、より多くの多様な酵素群を生産し、主要な他社酵素系製品よりも栄養価を向上させます。

microbial nutrients
Cannabis Nutrients
how to grow bigger buds
Soil to Hydro to Coco

Effective in All Media

すべての培地で有効です
Soil - 土壌

マンモスPには自然の土壌細菌に存在する微生物の栄養が含まれており、植物の栽培に非常に有効です。マンモスPの有益な細菌は、植物根系においてより多くのリンおよび他の微量栄養素を自然に循環させ、植物が摂取可能な栄養素の放出を増強することができます。

How we did it:
私たちはアメリカ全土で採取された天然土壌から数百の異なる微生物群集を栽培しました。次世代表現型プラットフォームを使用して、リンを循環させる能力について微生物を選択的に繁殖させました。数千世代の世代を繁殖させた結果、天然土壌の微生物よりも30倍以上も高いレベルでリンを循環させる極相に到達しました。

Hydro - 水耕システム

マンモスPは水耕システムにも効果的です。水環境下で増殖する微生物が含まれており、水耕用栄養素の慎重な選択・栽培により効果を発揮します。

How we did it:
私たちは水耕栽培池(濃縮栄養素を含む水溶液)を模倣したディープウェルマイクロプレートを用いて、リンを循環させる能力について土壌微生物群集を選択的に繁殖させました。極相の微生物群集は数千世代を繁殖させた後に実現され、30倍以上のリンの循環が行われ、高栄養水溶液環境で繁栄することができました。

Application Chart

植物栽培スケジュール

The Fine Print

詳細情報

使用方法

1. 使用する前に、その都度ボトルをよく振ってください。

2. 使用量の目安に従って、水または肥料リザーバーに混ぜてください。

最も高い効果を出すために、製造日から24か月以内に使用してください。


一般的用途 / 製品目的

マンモスPは、特に開花時期のリンの有効性を高めるために設計されているので、定期的に与えている肥料を補完するものとして使用してください。挿し木時や生長時期にマンモスPを与えても効果があります。マンモスPはpHがほぼ中性なので、どのようなシステムに使用しても問題ありません。

保証済み分析結果:

成分(活性)

バクテリアカルチャー

1%

成分(不活性)
アルファルファエキス

2%

不活性水

97%

非植物性の栄養成分を含みます:

CFU/mL

シュードモナス・プチダ

20,000,000

コマモナス・テストステローニ

40,000,000

シトロバクター・フロインディー

60,000,000

エンテロバクター・クロアカ

80,000,000

総計

200,000,000

The Mammoth Story

Growcentiaについて

Growcentia(グロウセンティア)社は、コロラド州立大学PhD土壌微生物博士3名のチームによって設立されました。 彼らは土壌の健康増進と持続可能な農業の促進に対する情熱を共有しています。 このチームは植物の栄養価を向上させるために、革新的な技術を使用して、自然界で最も優れた微生物を特定して適用するアプローチを開発しました。 グロウセンティア社は環境への影響を最小限に抑えながら、植物の健康と収量を向上させるために農家が土壌や培地の健康を最大限に引き出すのを助けることを目指しています。

マンモスPはグロウセンティア社によって設計され、生産された最初の製品です。